植物の性質に由来するもの

ミドリムシが、動物と植物の両方の栄養素を兼ね備えていることから、完全栄養素、または、人間の栄養不足や栄養バランスの乱れを解決する一助となる「未来の食材」として注目を集めていることはご承知の通りです。

それでは、具体的にミドリムシにはどのような栄養素があるのかをみていきましょう。まずは、植物の栄養素として、どのような栄養素をミドリムシは持つのでしょうか。大きく分けて、2分類あります。1つめは、ビタミン類で、13種類のビタミン類を持っています。具体的には、α-カロテンやビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンEなど。ビタミンは人間が生きていくのに必要な代謝を助け、健康な身体を維持する役割を担っています。普通にビタミン類が豊富な緑黄色野菜と比較しても、1つの食材で得られるビタミンとしては、かなり豊富な種類のビタミンを得ることができることになります。

続いて2つ目は、ミネラル類で、9種類のミネラル類を持っています。具体的には、マンガンや亜鉛、カルシウムやリン、マグネシウムなどです。ミネラルも人間の身体のバランスを保つ働きに関係しており、代謝を助ける働きをしています。

ビタミン類もミネラル類も1日に必要な摂取量は微量なのですが、不足すると深刻な欠乏症をひきおこします。そのような意味でも、ミドリムシだけで必要な種類の必要な摂取量が網羅できてしまうというのは、栄養価という意味でも魅力的です。

Copyright ミドリムシで健康に 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner